当サイトにお越し頂き、ありがとうございます。
このホームページは私の提供している簿記・会計の家庭教師についてより詳しくご紹介するために作成しました。



指導可能な簿記・会計資格のご紹介

京都、大阪周辺で簿記・会計試験の家庭教師を行っております。ここではこれから学習を始めたいと考えている方に向けて、私が指導している簿記の資格について、試験の内容やどのような方におすすめしているかをご紹介しています。会計の勉強を始めたいけど、資格の種類が沢山あって何から始めたらいいかわからないよという方、一緒に見ていきましょう。
 

 
日商簿記3級

会計の勉強の始める多くの人が、一番はじめに受験するのが日商簿記3級です。1年間に2月と6月と11月の3回の試験が行われていて、毎回約10万人の受験者がいます。勉強時間はおよそ1ヵ月と言われており、直前の2週間程度を過去問等の試験対策に充てる方が多いです。関連する書籍の出版も多いことから、市販の教材を使用して学習する方が多くなっています。

試験範囲もまさに簿記のいろはといえる内容となっていて、学習を通じて、本業だけを営んでいるような小規模な会社であれば普段の経理を行っていく上で十分な知識が身に付けられる内容になっています。
 
こんな方におすすめの資格です

・これから簿記の勉強を本格的に始めたいと思っている方
・地域に根差して事業を行っている会社で経理として活躍したい方
・会計事務所や税理士事務所で事務所のサポートしたい方
 
 


日商簿記2級

日商簿記2級も、3級と同じ日程で1年間に3回の試験が行われています。勉強時間は3級よりも長く3,4ヵ月勉強をして合格する方が多いです。3級では会社は単純なものを買って売るという事業が基本でしたが、2級で扱う会社には製品を作っていたり、他の会社の株式を持っている会社が出てきます。

中でも平成29年度の試験から試験範囲に追加された「連結会計」の理解を深めることは、経理や他の会計資格の取得を目指す上で大切な内容となっています。特に暗記よりも「理解」が重要となる分野ですので、私自身も指導する際には「何故?」という部分にフォーカスした説明を心掛けています。
 
こんな方におすすめの資格です

・従業員を多く抱える企業で経理として活躍したい方

・もっと難しい会計の資格を目指すために会計の適性を知りたい方
 
BATIC

BATICはあまり聞きなれない方も多いかと思います。国際会計検定とも言われ、日商簿記が日本国内で使われている会計を学習するのに対して、IFRSと呼ばれる国際標準の会計のルールを学習する試験となっています。試験問題も英語表記で行われることから、会計に関する英単語の習得も必要です。

試験の特徴は、合格や不合格はなく1000点満点スコアにより評価されて、点数に応じて4つに区分された称号(レベル)を得られます。3年ごとに資格の更新もあり英語の学習をしている方にとってはTOEICのイメージに近い試験かもしれないですね。

こんな方におすすめの資格です

・既に簿記の資格を持っていて、更に語学も活かした仕事に就きたい方


日商簿記1級

日商簿記で中で最も上位の資格である日商簿記1級は、6月と11月の年2回試験が行われています。受験者はおよそ10,000人と日商簿記3級に挑戦をした人のうち10人に1人が合格を目指して受験している資格です。日商簿記2級との違いは、簿記を形作っているそもそもの考え方や理論についても問われたり、作った製品に掛かった金額の計算を行う「原価計算」も大きなウェイトを占める試験範囲となっている点です。

試験問題はより実際の経理に近い形式となっていて、バラバラの仕訳に関する知識を確認するだけでなく、個々の仕訳の作成から会社の決算書を作り上げていくまでの一貫した過程を理解しているかが問われます。

こんな方におすすめの資格です

・経理や会計に携わる仕事をしていて、体系的な会計の考え方や処理の仕方を身に付けたい方
・より難しい会計資格の取得を目指してご自身の理解度を確かめたい方


公認会計士試験

公認会計士試験は1次試験と2次試験の2回試験が行われています。選択形式で行われる1次試験は、5月と12月の年2回試験が行われ、1次試験の合格者によって毎年8月に記述形式の2次試験が行われています。試験の範囲は日商簿記1級と比較しても広く、会社に関わる法律や経営、税法に関する知識といった会計以外の内容についても、会計に対する理解に近いレベルまで習得することが求められている点が特徴です。

試験範囲は全てを暗記できるような分量ではないため、「何故?」と考える習慣を身に付け、会計に関する考え方を習得するとともに、数多くの分厚い教材から試験で問われる内容を分析する試験のためのテクニックも必要となります。合格者の多くは経験を積むため監査法人に入るほか、登録の要件を満たせば税理士となることができます。

こんな方におすすめの資格です

・監査法人や大企業で専門知識を強みとして活躍したい方
・税理士の登録を目指されている方